「BONES 骨は語る」シーズン5 第5話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン5の第5話「心の血を流した少年」を見ました。
事件の被害者の元に駆けつけたブレナンですが、それが数千年前のミイラであることが判明するというストーリーでした。
スイーツに懇願されて、空気の読めない助手デイジーが研究所に帰ってきましたね。相変わらずの止まらないおしゃべりにみんなうんざりした様子でしたが、呼吸法を駆使して彼女なりに頑張っている姿を見たら応援したい気持ちになりました。今回はミイラの新発見に興奮したブレナンがいつになくハイテンションだったので、意外にもデイジーとの会話が盛り上がっていて面白かったです。
そして、ブースの上司と食事をすることになったブレナン。いい気のしないブースは、デート中に自分のことを話題にするなと不機嫌な様子でした。でも「目玉焼きが嫌いだ」っていうただそれだけの内容で、秘密を暴露したわけでもないのに目くじらをたてて嫉妬するブースがかわいらしかったです。金借りる おすすめ 即日

「BONES 骨は語る」シーズン5 第5話を見て

5か月から離乳食開始し、今ではたくさん食べます

現在6か月の息子がいます。息子は5か月目に入った時から離乳食を始めました。始めはお粥から始めました。初めて食べたときは、「なんじゃこりゃ!?」というような顔をしていました。その後数日間お粥のみで食べる練習をしましたが、最初はやはりうまく食べてくれずに、少し心配でしたが、離乳食開始から2週間ほどしたら少し慣れたのか自ら口を開けてくれるようになりました。お粥の次は、ニンジンを追加しました。初めての味にびっくりしたのか、口に入れた瞬間変な顔をしましたが何度か口に入れていくうちに美味しそうに食べ始めました。少しずつニンジンの量も日々増やしていって、野菜の種類も今ではニンジン以外にもかぼちゃ、ホウレンソウ、トマト、キャベツ、さつまいもも上手に食べます。しらす干しも塩抜きしたものをペースト状につぶし食べさせています。離乳食開始から1か月後には2回食にしました。今ではお昼と、夕方にあげています。機嫌が悪いと3分の1ほど残しますが、大体毎回間食してくれるのでうれしいです。キレイモ 学割

5か月から離乳食開始し、今ではたくさん食べます